人財戦力の基本的考え方

人財戦略の基本的考え方

1. これからは人に投資をする時代。資本主義から人本主義の時代へ
2. 社員は人件費というコストとして捉えるのではなく、新しい付加価値を創造する源泉です。従って、人は性善説として捉えています。
3. 全社員は、経営者の良きパートナー。お互い力を合わせ、当てにし当てにされる関係づくりに務めよう。
4. 全社員一丸となって目的実現の為に目標を必達できる様、常に邁進努力しよう。(成功とは小さな達成の積み重ね、仕事を通じて自己実現を計り、人生の成功者になろう)
5. プロの営業マン・サービスマンとして日々向上心を持って研鑽し、問題解決に努めよう。
6. プロの営業マン・サービスマンとして4つの自信を確立しよう。
(1) 自分に対する絶対の自信
(2) 会社に対する絶対の自信
(3) 商品及びサービス・提案に対する絶対の自信
(4)職業に対する絶対の自信
7. 知識・技術のインプットだけでは何の役にも立たない。プラスやる気、情熱、態度、感性等その人の人柄が良好な信頼関係を創る。(知識力プラス技術力プラス 人物力の構築)(IQからEQへ 社員レベルと企業レベルのEQアップの努力が企業の成長の鍵となる -EQ型企業創り、そしてNQ型企業創りへ-)
8. 人生に「無駄な時間」と言うものはない。後ろ向きになった途端、人の進歩はなくなってしまう。
9. より多くのお客様にふれ合い、良好な人間関係づくりに努め、学びと気づきと成長を、お客様は最大の師。
10. 逆境の時こそ「原因自分説」「今自分に与えられたチャンス説」と逆転の発想で捉え、必ず突き当たる壁を突破しよう。逃げるな!諦めるな!嘘をつくな!そこにはきっと明るい光が見えてくる。
11. 「学んで老えず、死ぬまで生きる」何事にも興味を持って学ぶ姿勢を常につくろう。
12. 思考の中に未来がある。思いは必ず実現する。
13. 理想の家庭人であると同時に、良き社会人、心豊かな誇りある日本人になろう。
14. 人生はセルフコントロール。心の持ち方ひとつで人生を変えてしまう。これからはセルフマネジメントが必要。(自主的、自己管理のできる人に成長しよう)
(自己改革、自反自責、自力更生)
15. 企業は人なり、仲間を増やそう。「人材」から「人財」へ。育ち合おう。学び合おう。気づき合おう。
16. 「全ては未完成、全ては現在進行形」
まず自ら足らざるを知り、自己変革に努めよう。自分の成長→部下の成長→会社の成長、そして地域の発展に必ずつながる。
17. 世の中に喜ばれるハッピーな人になろう。我が社の人財とは、与えられた責任分担の遂行のみではなく、新しい付加価値の創造の出来る人、自主性と創造性に富み、働く喜びと生きる喜びを実感して成長している人。
18. 結果は、能力(知識・技能)×やる気の二乗×考え方(プラスかマイナスか)、やる気が半分になると結果は1/4になる。